PETER KENAGY / LITTLE MACHINES (FRESH SOUND NEW TALENT FSNT207)


↑click de o quina gazo


ボストン在住の若手トランペッター、ピーター・ケナジーによる初リーダー作品。クセの無いストレートなトランペット・テクニックで、非常に繊細かつナイーブなプレイが特徴的。かといって線が細いイメージは無く、力強いアドリブは、6〜70年代のマイルス的な味わいに近い。事実、影響を受けたトランペット奏者として、マイルスの名を挙げている。

作曲面も個性的で、メロディアスで親しみやすい楽曲があったかと思うと、やや難解なテクスチュアを織り重ねるような不思議なムードの曲が飛び出したりと、ユニークでバラエティに富んでいる。

セクステットのメンバーは、レギュラー・グループならではのコンビネーションの良さと、若々しく溌溂なプレイで好印象。特にギターのアダム・ララビーの空間派的プレイは、アダム・ロジャースあたりがお好みのファンには、しっくり来るのでは。

(2005年4月 UP DATE)

_Musicians

_Tunes

  • PETER KENAGY (tp)
  • JASON HUNTER (ts)
  • JEREMY UDDEN (as)
  • ADAM LARRABEE (g)
  • RICK McLAUGHLIN (b)
  • JORGE PEREZ-ALBELA (ds)

    2003
  1. NILE
  2. DOG STORY
  3. AYG...
  4. LITTLE MACHINES
  5. HUNGARY
  6. DISAPPEARING MAN
  7. WHISPS

新譜・再発のページ